地下鉄琴似駅そば 小児歯科選びのポイントは 小児歯科専門医

小児歯科専門医は歯科医師免許とは異なり、小児歯科に関する
十分な知識や技量があると認定された医師に与えられる
専門性の資格です。

来院される前にご確認ください

  • 初めて来院される方へ
  • 医院紹介
  • アクセスマップ
  • お口の質問

診察時間

診療時間

※春・夏・冬休み中の診療時間はこちらをご覧ください

診療時間春・夏・冬休み中

初めて来院される方はこちらをご覧ください

最新情報

9月28日

診療時間の変更
保育園健診のため10月5日(水)は、午後3時までの診療となります。

北日本小児歯科学会
院長は北日本小児歯科学会に出席いたします。
10月8日(土)~10日(月)

9月28日
10月の診療のお知らせ

10月の土曜診療は1日・15日です。
各先生のお休み
院長石塚治 10月毎週水曜日・木曜日午前・15日(土)
樋口かさね 10月11日(火)午前

11月の診療のお知らせ

11月の土曜診療は5日・19日です。
各先生のお休み
院長石塚治 11月毎週水曜日・木曜日午前
樋口かさね 無し

9月24日
手足口病についてのお願い
クリックで拡大

サム小児歯科でおこなっていること

「むし歯ゼロ子育てを目指すママ」を支援するため以下のサービスを提供しております。
担当歯科医師・スタッフにお気軽にご相談下さい。

  • 0歳からのお口の健康相談
  • 初診・定期健診時の「むし歯菌検査」「歯面清掃」および「フッ素塗布」むし歯を強力に予防するシーラント処置(健康保険適用)
  • 「アンパンマン」「ドラえもん」「ポケモン」 などのアニメDVDを見ながらの治療
  • 健康な歯並び・咬み合わせを完成するためのアドバイス・(早期)矯正治療
  • 保健指導( 歯垢のチェック、歯みがき・デンタルフロス、間食etc. )
  • 目に見えないむし歯検査のためのレントゲン検査(健康保険適用)
  • お子さんの「こころを配慮」した、無痛的・清潔・安全・確実な治療
  • 恐怖心が強いお子様に対する内服薬による鎮静療法(ご希望により)
  • お誕生日にお送りするぬり絵カード持参でおもしろグッズプレゼント
  • 必要に応じて、お子様の健康状態を把握するための「かかりつけ医師」との連絡
  • 「指しゃぶり」卒業のための作戦(絵本・バイターストップ・その他)を指導
  • スポーツ大好きなお子様のお口の外傷を予防する「(カスタム)マウスガード」の作製
  • 「ママクリーニング」でママのお口をクリーニング(患者さんのお母様が対象)
  • 一般医での治療希望ママを近医にご紹介
  • 国内外転居の際、可能な範囲でネットワークで検索し(小児)歯科医をご紹介
  • ホームページhttp://www.sam-dent.comで情報を提供
  • 紹介者様への粗品進呈

小児歯科矯正について

当院では小児の歯科矯正をおこなっております。歯科矯正で来られる子どもさんで多いのは「歯並びが悪い」「受け口(反対咬合)」「歯の大きさバランス」です。歯並びが悪いとどんな影響があるのか簡単にご説明します。

歯並びが悪いとどんな影響があるのか?

発音や咀嚼の障害
乳歯は5、6才頃、前歯から生え変わり始め、10才過ぎに永久歯に交換します。
このとき、歯茎の裏側から生えたり、歯がねじれた状態で生えてくると不正咬合となり、発音や咀嚼の障害にもなります。また歯磨き大変になりむし歯になりやすくなることがあります。

歯列障害
最近では歯のサイズが大きく、顎の大きさと歯の大きさのバランスが悪くなってきている子供が多く見られます。この兆候は前歯の生え変わる時期から見られるようになりますが、これでは全ての歯が歯列に並びきらない状態になってしまい正常な位置から歯が生えなくなってしまいます。

姿勢の歪み
下顎が発音、咀嚼に際して自由に動くためには上顎より小さく内側に位置しなければなりません。下顎が大きいと反対咬合になってしまします。この場合には、頬杖などに負担をかける姿勢も顎を歪め不正咬合の原因になります。また姿勢の歪みから肩こりや頭痛、歯並びのコンプレックスで精神的ストレスにもなることがあります。
むし歯にならないための予防方法がわからない方には、歯の健康相談も実施していますのでお気軽にご相談ください。

歯科矯正をお勧めする時期
お子さんの歯列状況にもよりますが、永久歯が生え揃う前に一度ご相談されることをお勧めします。乳歯の時に矯正治療を始めると、永久歯を矯正するリスクが減るため生えそろってから治療を始めるのに比べ矯正しやすく、お子さんへの治療時間や歯医者さんに通うストレスも少なくなると考えます。
もちろん永久歯が生え揃ってからの矯正治療もおこなえますのでお子さんに一番合った矯正治療方法を小児歯科専門医にご相談ください。

小児歯科って何歳までいいの?

小児歯科とは、一般に成人になるまで治療・予防をおこなう歯科のことです。
ただ成人になると診察できないわけではありません。たとえば障がいをかかえる患者さんで20歳を超えて来られる方もいます。
小児歯科は、赤ちゃんの時から成長発育に関する知識をお母さんお父さんへの歯科指導を行い健康なお口を保つためのコミュニケーションと行動科学に重点をおいております。

ドクトル サムのメッセージ

当院は札幌市西区琴似で小児歯科専門歯科医院として開業して32年になります。その間多くのお子様のお口の健康管理のお手伝いをさせていただいております。小児歯科はかっての「むし歯を治療する診療」から「お口の健康を維持する診療」に変わってきております。

当院の特徴は低年齢からお子さんを受け入れていることにあります。平均すると初診(初めての受診)年齢は1.0~2歳ぐらいで、一般歯科医院では考えられないほどの低年齢のお子さんが多いのが特徴です。

ママの主訴(お子さんのお口に関するご希望)は、フッ素を塗ってほしい、歯磨きが難しい、むし歯の有無が心配、乳歯の生え方が気になる、むし歯を治療してほしい・・・等です。

当院ではお子さんの小児歯科デビューはお誕生日前後をお薦めしております。その理由は低年齢むし歯の多くは哺乳に関るむし歯と考えられ、授乳期における赤ちゃんとママのお口の管理が是非とも必要だからです。